サイト内検索

中讃地区農業後継者クラブ

クラブメンバー商品一覧


メルマガバックナンバーはこちら
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
営業日カレンダー
営業時間9:00~18:00
(土日祝日、年末年始を除く)
サイト上でのご注文は年中無休24時間受け付けておりますが、休業日には、お問い合わせへの対応及び発送業務は行えませんので、あらかじめご了承ください。

香川オリーブガイナーズ~香川発バッテリープロジェクト~
ホームお菓子類ダイシモチ麦の粉を使用した山地製菓・讃岐ダイシモチまんじゅう「祈願成就」(箱入り)
商品詳細

ダイシモチ麦の粉を使用した山地製菓・讃岐ダイシモチまんじゅう「祈願成就」(箱入り)

販売価格: 600円~1,800円 (税込)
オプションにより価格が変わる場合もあります。
入り数の選択:
数量:
※「こしあん」と「ほうじ茶あん」が半数ずつ入ります。※ご希望により「こしあんのみ」、「ほうじ茶あんのみ」でのお届けも可能です。ご希望の場合、大変お手数ですが、ご購入手続きの際、備考欄にご記入願います。

送料:1梱包料金864円(2梱包では1728円となります) ※北海道・沖縄・離島・一部地域は除く

(左)こしあん(右)ほうじ茶あん

讃岐の国、善通寺市で生まれたもち麦“ダイシモチ”を使用して作ったお饅頭です。
その昔、弘法大師(空海)が唐から麦の種を持ち帰りました。このことから、弘法大師のふるさと善通寺市では古くより「もち麦(大麦の一種)」の栽培が盛んに行われており、食物繊維が精白米の約30倍、水溶性食物繊維も豊富な「讃岐もち麦ダイシモチ」が誕生しました。
そのもち麦の粉を使用して、しっとりモチモチとした食感に焼き上げたのが、讃岐ダイシモチまんじゅう「祈願成就」です。あんは自家製で、こしあんとほうじ茶あんの二種がございます。ほうじ茶あんには、香ばしさをひき立てるダブル焙煎茶葉を粉末にして使用しています。茶葉を粉末にすることにより、お茶の持つ豊富な栄養をまるごと摂ることができます。
何とも言えないしっとりモチモチ食感と、二種それぞれの風味をお楽しみください。




品名:
祈願成就(讃岐ダイシモチまんじゅう)
名称:
焼菓子
原材料名:
<こしあん>
全卵、グラニュー糖、トレハロース、ダイシモチ、こしあん、小麦粉、餅粉、植物油脂、 バター、はちみつ、寒天、加工でん粉、乳化剤、増粘多糖類、膨張剤
(原材料の一部に乳成分を含む)

こしあん

<ほうじ茶あん>
全卵、グラニュー糖、トレハロース、ダイシモチ、ほうじ茶あん、小麦粉、餅粉、植物油脂、 バター、はちみつ、寒天、加工でん粉、乳化剤、増粘多糖類、膨張剤
(原材料の一部に乳成分を含む)

ほうじ茶あん
保存方法:
直射日光、高温多湿を避け保存してください。
賞味期限:
商品に記載(製造後30日)


ダイシモチ麦は、香川県善通寺市内の近畿中国四国農業研究センターが1997年に開発したもち性の強い大麦(裸麦)で、善通寺にゆかりのある弘法大師に因んで、「ダイシモチ」と名づけられました。
精白米の約30倍もの食物繊維が含まれており、生活習慣病の予防に効果があるといわれているβ-グルカン(水溶性食物繊維)が、とりわけ豊富に含まれています。(玄米の約9倍)
また麺類や焼き菓子などとの相性がよく、うどんや蕎麦、パン、クッキーなどにも使われはじめ、今後が大変期待される農産物です。
山地製菓は、1951年(昭和26年)創業の老舗饅頭屋で、3代目山地正弘さんが営んでいます。讃岐ダイシモチまんじゅう『祈願成就』のほかにも、『銘菓・善通寺』や『銘菓・茶の実』など、素朴ながらもこだわりの饅頭が色々とあります。

銘菓 善通寺

『銘菓・善通寺』は、香川県の郷土料理である「しょうゆ豆」を白あんに炊き込んだ、しょうゆ豆の風味豊かで、どこか懐かしい味がする饅頭です。
※「しょうゆ豆」とは、炒ったそら豆を醤油味に漬け込んだもので、香川県の各家庭では、よく食卓に上がっている惣菜です。

【空てみる海】のロゴは、【善通寺】を建立した弘法大師(空海)の偉大さを偲んだもので、讃岐(香川県)の方言で【食うてみるかい】と言い、【食べてみませんか】という意味です。

銘菓 善通寺

[しょうゆ豆の由来](諸説あります)
 ある伝説によると、弘法大師(空海)が四国を巡礼中のこと。ある所でおばあさんが、ほうろく(素焼き瓦)でそら豆を炒っていたところ、その中の一つがポーンと弾けて、横にあった醤油樽の中にドボーン。しばらくして、そこを通りかかった空海がそれを食べると、醤油の味が香ばしく、柔らかくて歯ごたえのある豆ができていたそうです。
それがあまりにもおいしかったので、その作り方を広めたと言われています。

銘菓 茶の実

『銘菓・茶の実』は、厳選した抹茶のみを使用し、手間隙かけて丹念に混ぜ合わせていますので、抹茶特有の「色」「香り」「苦味」「甘味」を引き出した抹茶あんを楽しむことができます。抹茶好きの方にぜひおすすめしたい饅頭です。
法事の際、饅頭と一緒にうどん玉も届けていたところ、お客様からの熱い要望で、1980年(昭和55年)にうどん店・釜福うどんをオープンする運びになったそうです。こちらはは、山地さんの奥様、久代さんを筆頭に、家族で切り盛りしています。老舗の饅頭屋ならではの、餅入りの『力うどん』や『福鍋うどん』のほか、ちょい甘の『きつねうどん』やシンプルであっさり味の『肉うどん』、カリカリ感抜群の天かすが自慢の『ぶっかけうどん』など、「ここのうどんでないと!」という根強いファンがいる定番メニューがズラリとならびます。

力うどん

肉うどん

土鍋カレーうどん

鍋焼きうどん

寒い冬に温まってもらいたいと考案された『土鍋カレーうどん』も、ダシとカレールーの絶妙なバランスで人気を得ています。うまみたっぷりの牛肉や甘すぎないきつね(油揚げ)、香味を加えるねぎといった具材たちにより、味の変化を楽しみながら体の芯から温まることができます。『土鍋カレーうどん』『鍋焼うどん』など鍋メニューは、元々は季節限定メニューでしたが、多くのファンのご要望により、今では一年中食べることができます。

さらに、本業である饅頭屋の特徴を活かしたサイドメニューとして、『赤飯むすび』や『もっふる』(お餅をワッフル風に焼いたもの)も大人気。『もっふる』は、油も何も使わずにお餅をプレス機で焼くだけというヘルシーメニュー。うどんのトッピングとして、そのままで、ダシにつけて、とお好みに応じて楽しめます。「プレーン」「あん」「えび」の三種がありますので、食べ方との組み合わせにより、さらに楽しみが広がります。

赤飯むすび

もっふる


お近くにお越しの機会があれば、【山地製菓】【釜福うどん】へぜひ足を運んでみてください。

山地製菓
住所:〒765-0031香川県善通寺市金蔵寺町661-14
電話:0877-62-4337
営業時間:8:00?19:30
定休日:日曜午後・祝日午後・第3水曜(※日曜・祝日ともに午前中は営業)
※ゴールデンウィーク、年末年始は営業時間が変更になることがあります。詳しくは店舗までお問い合わせ願います。


釜福うどん
住所:〒765-0031香川県善通寺市金蔵寺町661-14
電話:0877-62-4337
営業時間:11:00?14:00
定休日:日曜・祝日・第3水曜(※ただし、日曜・祝日のみ、前日までにご予約の場合、持ち帰りのうどん玉、ダシの販売は可能)
※年末年始は年末業務の関係で、営業日、営業時間が変更になる場合があります。詳しくは店舗までお問い合わせ願います。

Facebookコメント